誰でも5分でスッキリ。お腹にガスがたまった時の解消法

お腹がはる

こんな経験、だれしもありますよね。いくらダイエットをしていても、運動をしていても お腹がはってしまってお腹の動きが悪くなると、すべての調子がくるってしまうなんてことにも なりかねません・・・。
そんな時、どんな風に対処していますか?

ここでは、そんな緊急事態の際の ガス抜き方法についてご紹介します。

shutterstock_176469758

お風呂ないしはホッカイロで、下腹部あたりを温める

意外と冷えによるものが多いので、単純に温めてあげましょう。すーっとリラックスできて、 お腹の張り緩んできて、が少しずつ小さくなってきたら、大成功!

ヨガのガス抜きのポーズを立ったまま座ったままできるひとは寝転んでやる(体育座りでも可)

そのまましばらく続けることで腸内のガスが動いていきます。すーっとガスが抜けていく感覚か、 例の「poooo」という音がしたら、成功(場所を気をつけてください)!

左をしたにして、静かに横になってみる

読んで字のまま。消化を助けてくれる向きがこちらだそう。

shutterstock_74537116

実はこれ、お腹の張りが出やすい妊婦さんが産婦人科医に言われることなんだそう。 腸内環境を常に整えることは、女性にとってとても重要なこと。 もちろん、普段からストレスを溜めずに、張りの出やすいひとは、できるだけ炭酸水を控えて 胃腸をいたわったり、適度に運動したりすることは基本。

それでももし、緊急的にお腹がつらくなったら、上記の方法、試してみてください。 すぐにラクになります。




この記事を書いた人

櫻井 椿

tsubaki_sakurai

大手出版社で編集者として活動した後、ウエブメディアなどを立ち上げる経歴をもつ。 普段からモデル・女優などきれいのプロから、クラスで1番可愛い&きれいの座を勝ち取り続けてきたような美人な友人に囲まれる日々。幼い頃から美醜の格差に対する興味が強く、人間観察と研究を重ねてきた。日本女性の美のポテンシャルを信じ続けるアラサー代表。趣味は、自由研究と海外旅行。
もっと詳しく見る