存在感をアピール!「美意識」の高さを「香り」で表すコツ♡

hiroko.kからオーガニック香水のプレゼントがあります♡最後まで読んで応募してね!

s__17121354

モテを自然に身につけている女性は「相手への気遣い」をさりげなくできる人。周囲への配慮をしながらも女性としての自己の存在感を相手に与えられるセルフコントロールをバランスよくできる人ではないでしょうか。

横にいる相手への気遣い行動を「香り」でも表現

オフィス編

爽やかなグリーンノート系で空気を浄化するような清々しさを残しましょう。これは単なる柑橘系ではありません。もっと高度なみずみずしい透明感を相手に残します。これなら嫌がられる心配はないでしょう。

(例)Sunrise dew MATSU (松の香り)

shutterstock_329231378

デート編

OnとOFFで着替えるように、香りを変えるとアフター5のデートも楽しくなりますよ。ギャップを与えて好印象を残しましょう。

特に二人きりでお出かけして、しっとりとBARで飲む時は、カウンター席のあるBARを選んでみてはいかがでしょうか? カウンター席なら、無理ない近距離感で、隣の席を確保!男性はあなたの香りには敏感に気が付いてくれるはず。

shutterstock_136789526

オーガニック香水ならどぎつい、付け過ぎなんて失敗はあり得ません。だって、素肌が香り、あなたの肌の香りになっているから。まさにあなたの肌のぬくもりのような自然に香ってくる甘い香りなんです。

shutterstock_360510917

席をたったり、座ったりする時、髪を触ったりする時に、ほのかに香る魅力的なオーガニック香水で「美意識」の高さを「香り」で表現してくださいね 。

(例) MOONLIGHT JASMIN (ムーンナイト ジャスミン)







この記事を書いた人

Hiroko Kondo

Hiroko.K

日本におけるオーガニックパフューマーの第一人者。フランスのECOCERT承認取得のフレグランス&コスメティックブランド「Hiroko.K」 を手がける。それまでは、英国のアロマセラピーアソシエイツを初めて日本に導入し、有名百貨店化粧品売り場にて販路を確立させた。マンダリンオリエンタルホテルにて全客室で提供する香りをプロデュース、製品化。日本人ならではの繊細な感性を活かし、香りのあり方に革命をもたらし続けている。
Hiroko.K-表参道FLAGSHIP SHOP-
☆facebook
もっと詳しく見る