大気汚染からも身を守る!「オーガニック香水」の香りで七変化♡

hiroko.kからオーガニック香水のプレゼントがあります♡最後まで読んで応募してね!

s__17121354

フランス女性は生涯自分のつける香水を変えない!?

フランスの中高年の女性たちは、生涯自分のつける香水の銘柄、商品を変更しないで一つに決めている方が多いとフランス人の若い男性たちから伺いました。

この香りが「わたし」。この香りを嗅ぐと「お母さんの香り」というように記憶と直結するそうです。 お母さんの香りがいつもと違うと、家族の方は落ちつかない、なんか変だ。ということになるらしいのです。

large
出典:weheartit

これは、60歳になっても20歳の時の香りをまとっているということが、彼女たちのアイデンティティーということなのでしょうか?

きっとこれが日本人だと、「お母さんは、石鹸の香り」ということでしょうか?

Hiroko.Kが考える「香り」とは?

身につける 香りは、年齢、ライフスタイル、朝、昼、夜。

太陽の日差しの強さ、寒い日、暑い日、お出かけする相手、職場、お友達の好み、愛するパートナー。

車でデートの時やレストランでの語らい、バーでの落ち着いたひと時など。

シチュエーションによって洋服を着替えるように、香りもその時の様子によって、一番あなたにとって落ち着き、ウキウキしたりと、変化があってしかるべき、と考えます。

large
出典:weheartit

オーガニック香水は、その人によって香り方が変わる!?

随分とたくさんの香りを持っていないといけないのですね?と、怒られそうですが、それが、そうでもないのです。

オーガニック香水は、肌につけるとその時の体温、食べているものなどによって、同じ人でもいつも同じに香るとは限りません。 でも、体温が変わるからといって、柑橘系がフローラルに変化するなんでマジックはないのでご安心ください。

ただ、明るい印象の香り、おちつくウッディーな香り、女性的なフラローラルな香りなど、いくつか持っていれば、あとはレイヤーにして重ねていくと香りが作られていきます。

そのレイヤーも、最初に肌に乗せるのが柑橘系の時や、ウッディーの時によっても香りの 変化を楽しめます。

large
出典:weheartit

香りのベールで身を守る!

オーガニック香水の香りの元は、植物から抽出する白血球のような命の源です。香っている間は、この命のエッセンスがあなたの肌に密着しているということ。

この植物の命のエッセンスがあなたを、外的の嫌な雑念や、大気汚染、人間臭から守ってくれているということです。

large
出典:weheartit

だから、ローションのように、ひろく肌に広げて使えるのがオーガニック香水なのです。





この記事を書いた人

Hiroko Kondo

Hiroko.K

日本におけるオーガニックパフューマーの第一人者。フランスのECOCERT承認取得のフレグランス&コスメティックブランド「Hiroko.K」 を手がける。それまでは、英国のアロマセラピーアソシエイツを初めて日本に導入し、有名百貨店化粧品売り場にて販路を確立させた。マンダリンオリエンタルホテルにて全客室で提供する香りをプロデュース、製品化。日本人ならではの繊細な感性を活かし、香りのあり方に革命をもたらし続けている。
Hiroko.K-表参道FLAGSHIP SHOP-
☆facebook