冷え性対策は「ふくらはぎ」がポイント!正しい温め方とは?

手足の冷えが気になる季節に・・・

large-6
weheartit

最近寒くなってきて、手足が冷えていませんか?

女性は男性よりも筋肉量が少ないので、身体が温まりにくく、冷え性になりやすいのです。いつもむくみなどを起こしている人は手足だけが冷えている「末端冷え性」になることもありますので、しっかりとケアをしましょう。

▼冷え性を放っておくと脂肪になる!

冷え性は、血行不良によって起こります。なので、血行不良をそのままにしてしまうと老廃物などが排出されないのでそのままセルライトが出来てしまったり・・・。

そんなことにならないように、しっかりと冷え性対策しましょう!


冷え性対策のポイントは「ふくらはぎ」

large-7
weheartit

冷え性では足先などが冷えるので、ついつい靴下で保温してしまいがちです。しかし、実際温めるべきはふくらはぎなのです!

ふくらはぎは血液やリンパ液などを心臓に戻すためのポンプの役割をしています。このポンプの動きが正常でないと、脳が勝手に末端に血液を与えないようにコントロールしてしまうため、末端が冷えてしまうのです。

つまり、ふくらはぎのポンプ機能を正常に動かせば、自然と足先も温かくなっていくのです。

▼ふくらはぎを温める

ポンプ機能をしっかりと行わせるために、まずはふくらはぎを温めましょう。温め方は、レッグウォーマーなどを使って直に温める方法がおすすめです。お風呂に入っても冷えてしまわないようにしましょう。

▼ふくらはぎの筋肉をつける

筋肉が低下するとポンプが正常に動かないので、スクワット運動を取り入れたり、エスカレーターを階段に変えるなどして少し運動を加えてみましょう。


ふくらはぎを温めて細い脚を手に入れよう♡

large-8
weheartit

ふくらはぎが冷えていると、むくみの原因になったり、脂肪がつきやすくなったりします。ふくらはぎを温めて美脚を手に入れましょう♡


この記事を書いた人

akira kido

akira kido

ライター歴5年。美容やダイエットの記事を書きながら実践していたら、かれこれ10kg減に成功しています。みなさんも嘘だと思ってやってみてください♪