顔デカ注意!小顔さんが絶対やらない「5つの習慣」

女性なら誰もが、小顔になりたいと思ったことがあるはず。生まれつきの骨格もありますが、顔の大きさは日々の習慣も大きく影響しているんです。

大顔を作っているのは、悪い癖のせいかもしれませんよ!ここでは、小顔の持ち主がやらないようにしていることをご紹介します。

%ef%bd%83%ef%bd%83%ef%bd%83%ef%bd%83%ef%bd%83
出典:weheartit

悪い癖 1、頬杖をつく

頬杖をつくと首が前にでて、姿勢が悪くなり顔周りの血行が悪くなります。圧力により顔の左右にも歪みが生じることに。これではスッキリとした輪郭を手に入れることはできません。

顎を軽くひき、首を正しい位置にもっていくことを習慣にしましょう。それだけで顔が小さく見える効果も。

悪い癖 2、脚を組む

脚を組むと、身体の柱である骨盤が歪んでしまいます。骨盤と連動している背骨も曲がり、顔にも歪みが生じます。すると血液やリンパの流れが悪くなりむくみやすくなってしまうのです。むくみがあるだけで数センチは大きな顔に見えているものです。

%ef%bd%83%ef%bd%83
出典:weheartit

悪い癖 3、奥歯を噛みしめる

人はストレスや緊張を感じた時は、無意識のうちに奥歯を噛みしめてしまう傾向があります。それが顎周りの筋肉のコリや張り出しに繋がってしまいます。

エラが昔より張ってきたという方は、噛みしめ癖が原因かもしれません。普段からリラックスして口を優しく閉じることを意識しましょう。

夜歯ぎしりをしてしまうという人は、専用のマウスピースなどを使用してみても良いですね。

悪い癖 4、口呼吸

噛みしめるのもよくありませんが、口をあけっぱなしにするのもいけません。口呼吸をしていると口周りの表情筋がどんどん衰え、だらしない輪郭になってしまいます。ほうれい線やゴルゴ線ができる元凶にも!鼻呼吸を心がけましょう。

悪い癖 5、よく噛まずに食べる

しっかり噛まずにすぐ飲み込んでしまう人も要注意!満腹中枢がなかなか刺激されないので、太りやすく、顔にも贅肉がつきやすくなってしまいます。表情筋も衰えていきますよ。

%ef%bd%83
出典:weheartit

口に入れてから、20~30回は必ず噛むようにしましょう。一度に食べる量も自然と減っていきます。

これらの習慣が癖になっているという方は、早速見直してみましょう。少しずつでも実践することで、今よりもスッキリとした歪みのない顔を手に入れることができますよ。





この記事を書いた人

nanacyu

nanacyu

都内PR代理店、美容クリニック広報を経験。現在は駐在妻として海外で暮らす。国内外の美容、トレンド情報を中心にさまざまな媒体で記事を執筆中。現在ヨガインストラクター(RYT200)としても活動。
もっと詳しく見る