10秒でペタンコお腹に!腹筋強化に効く究極の“呼吸法”

気になるお腹回りを引き締めたいなら、 呼吸法を取り入れるのがおすすめです。1日10秒だけでOK。早速トライしていきましょう!

なぜ呼吸法なの?

一般的な腹筋運動は、お腹の表面の「腹直筋」を鍛えてくれるものです。美しいシルエットを作るのには欠かせません。 ですがお腹がぽっこりでてしまっている場合は、お腹の一番深い部分にある「 腹横筋」を刺激し お腹引き締めることの方が先決なんです!

腹横筋はお腹全体を覆いコルセットのような役割を果たしています。ここが衰えていると、どんなに筋トレをしても思うような効果が得られないことがあるのです。

%ef%bd%84
出典:weheartit

ぺたんこお腹を目指すなら、腹横筋を鍛えることができる呼吸法がおすすめなんです。早速やり方をチェックしていきましょう。

呼吸法にトライ

%ef%bd%84%ef%bd%84%ef%bd%84
出典:weheartit

1、肩幅に足を広げ立ちます。少し膝を曲げて、お腹に手を当てましょう。

2、唇を優しく閉じ、鼻から息をたっぷり吸います。

3、おへそを見るようにしながら、10秒かけて鼻から長く滑らかに息を吐き切っていきます。

方法はこれだけです。大切なのは息を吐くときにお腹を凹ませて深層部を意識すること!吐きながらさらに膝を曲げ、お腹を丸めるようにするとより効果的です。始めは鏡の前で、お腹を見ながら行うとわかりやすいですよ。

いかがでしたか?運動が苦手だという方でも1日たった10秒なら取り入れやすいですよね。まずは1週間、続けてみてください。嬉しい変化を感じられるはずです。




この記事を書いた人

nanacyu

nanacyu

都内PR代理店、美容クリニック広報を経験。現在は駐在妻として海外で暮らす。国内外の美容、トレンド情報を中心にさまざまな媒体で記事を執筆中。現在ヨガインストラクター(RYT200)としても活動。