罪悪感ナシで飲める!太りにくい発泡酒&チューハイの選び方

ダイエット中だって、自宅で美味しくお酒を飲みたいですよね? それならおつまみを低カロリーにすることも大切だけど、購入するお酒の選び方自体にもコツがあるんです。

そこで今回は、太りにくい発泡酒やチューハイの種類選び方をご紹介します!



太りにくい発泡酒&チューハイの選び方

1.糖質ゼロを選ぶ

alcohol03
出典:pinterest.com

ダイエット中は糖質の摂取量を控えめにしたほうが良いと言われていますよね。 ですから、お酒も糖質ゼロがおすすめなんです。

糖質ゼロのお酒というと焼酎やウイスキーなどの蒸留酒がイメージされますが、今は発泡酒やチューハイにもたくさん糖質ゼロシリーズが販売されています。(新ジャンル、ハイボールなども同様)

コンビニよりも大型のスーパーやドラッグストアのほうが種類が多いので、一度チェックしてみてくださいね。



2.食物繊維入りを選ぶ

alcohol02
出典:supaliv.net

糖質ゼロ系の発泡酒やチューハイの中には、食物繊維入りのものが数種類販売されています。 食物繊維には便通を良くしたり、糖質や脂質の吸収を抑える効果が期待できるので、どうせなら食物繊維入りを選ばないと損なんです!

食物繊維入りかどうかは、原材料もしくは栄養成分の表示で判別できます。 ただし食物繊維入りでも高カロリー・高糖質のお酒ではNG。糖質ゼロもしくは糖質オフ系から選ぶことが大切です。



3.アルコール度数が低めのものを選ぶ

shutterstock_397511245

アルコールを体内で分解する時は脳が糖分を欲しがるため、ご飯やラーメンなどが食べたくなると言われています。 つまりアルコール度数が高いものをたくさん飲むほど、カロリーや糖質を摂り過ぎる危険性があるんです。

なので、ダイエット中にお酒を飲みたい時は、アルコール度数低めのものを選ぶと◎。 ほろ酔いで気持ちよくなる程度にしておきましょう!



太りにくいお酒で罪悪感ナシ!

いかがでしたか?ダイエット中でもたまには太りにくいお酒を美味しく飲んで、息抜きしてみてくださいね。



この記事を書いた人

tomaco

tomaco

女性の悩みを解決するために日々研究を重ねるフリーライター。趣味は居酒屋巡り・オンラインショッピング・ダイエット。アレルギー体質を糖質制限食で改善し、現在もゆるい糖質オフ生活を楽しみながら継続中。