食後ごろ寝のすすめ♪食べて寝るダイエット?

ご飯を食べてすぐに寝ると、太りそう……というイメージの人が多いと思います。
子供の頃、「食べてすぐ横になったら牛になるよ」なんて叱られた経験がある人もいそうですね。 でも医学的に考えると、食後のごろ寝はかなりおすすめなのだそうです。
e8432c74c5d0b567f7a5ef830a09ed2a_s_001

食後ごろ寝のすすめ♪食べて寝るダイエット?

医学的な観点から見て、「食後のごろ寝」は体に良いと言われています。 消化という作業は、生き物にとってかなりの大仕事。 食後に身体を動かしすぎると、血液が筋肉の方にばかり回ってしまって胃腸へ流れなくなるため、消化機能が十分に働かなくなるのです。

アルコールの摂り過ぎが肝臓に負担をかけるのと同じように、ストレス、重労働、運動のし過ぎなども肝臓に負担となる場合が少なくありません。 食後は、肝臓の働きを優先するためにゆっくり横になって休憩する方が良いといいます。 体を動かさず横になることで、肝臓への血液供給が増え、肝臓の働きをスムーズにして疲労を最小限にすることができます。
Ù0Ã0É0n0Ng0 w‹0sY'`

こんなごろ寝がおすすめ

時間……10分程度
姿勢……右側を舌にし、足を高くしてごろ寝

左側を下にすると、胃の上に肝臓が乗っかる形となって、苦しくなってしまいます。
足を高くすることで体の中心に血液を集め、消化器官の働きをスムーズにすることもできます。

ダイエットに効くごろ寝

実は食後のごろ寝。ダイエットにも効果的だと言われています。
ダイエットするためには、新陳代謝を活発にする必要があります。 特に基礎代謝があがれば、痩せやすい体になります。 その基礎代謝の20~30%は、肝臓が担っているんです。 食後はごろ寝で休憩すれば、肝機能がUPして基礎代謝が上がり、ダイエット効果が期待できる、という訳です。 プラス、食間か食前に軽く運動をすれば、よりカロリーを消費してダイエットが進みますよね。
Fruits and veggies in heart tape

ただし昼間のみ!

ただし、食後のごろ寝がOKなのは昼間のみです。
夜、食事をしてそのまま寝ると、消化が進まず脂肪として蓄積される可能性が高くなってしまいます。 寝る3時間前までには、食事を終えておくといいでしょう。
AA033558


食後すぐに体を動かしすぎるとちょっと苦しくなりますよね。消化にも運動にもと体を働かせると、苦しくなるのも無理はありません。 食後は少しゆっくりしてから、動くようにした方が体にもダイエットにも良いようです。
115532104

もっと詳しく見る