全身スッキリ痩せ見えコーデ♪細く見える着回し術◎

錯覚コーデで痩せて見える☆

洋服は、カラー・デザイン・サイズ感などによって太って見えたり痩せて見えたり、思った以上に印象を左右します。そして人間の目も、だまし絵に惑わされてしまうほど簡単に錯覚してしまうものです。

そんな錯覚の効果を使えば、辛いダイエットをしなくても痩せて見えるコーデが出来ちゃうんです◎
簡単に痩せ見えコーデを作れるポイントを3つご紹介しましょう!

1 膨張色・収縮色を使い分ける

膨張色収縮色という言葉を聞いたことがありますか?膨張色とは赤・オレンジ・黄色・白などの膨らんで見える色、収縮色とは緑・紫・青・黒などの締まって見える色のことです。
細く見せたいパーツに収縮色を、自信のあるパーツには膨張色を持ってくることで全身のバランスが良くなり痩せ見えコーデになります◎

20150825230720728_500
出典:wear.jp

2 ストッキングは濃いめカラーをチョイス

脚をキレイに見せるために欠かせないストッキング。お仕事で毎日履いているという人も多いのでは?
ストッキングで美脚に見せるにはカラーが重要です。顔や腕など地肌が見えている他のパーツからは遠い部分なので、実際の肌色よりもグッと濃いめのブラウン寄りベージュを大胆にチョイスして、痩せ見え美脚をゲットしましょう!

3 正しいサイズの下着を身に付ける

ブラジャーもショーツも、サイズが合っていないと胸やお尻が垂れたり、周囲にプヨ肉が発生してだらしなく太った印象になってしまいます。
定期的に下着屋さんで計測してもらい正しいサイズの下着を身に付けることで、全身にメリハリが付いてプロポーションが良く見えます◎

97b5bffe2163b281e2ac6f45e0d0e1d676a4fe29_l
出典:sumally.com

錯覚コーデならダイエットしなくても痩せて見える♪

正しいサイズの下着を身に付け、ストッキングは濃いめカラーをチョイス。さらに自身の無いパーツには収縮色を持ってくることで全身スッキリ痩せ見えコーデに!

錯覚だけで印象マイナス3kgが実現すること間違いナシです♪


この記事を書いた人

石川 海

石川 海

秋田出身・大阪生活を経て東京在住。ダンサー、北新地の高級ラウンジチーフ、秘書等の経験を経て、現在はライティングやキュレーションを行っています。好きな作家はO・ヘンリー。好きな食べ物はズワイ蟹のお刺身。最終学歴は、現在も人生という大学に在学中です。
もっと詳しく見る