2重あごも改善!これを気をつければ誰でも小顔になるんです!

「顔が小さい」というフレーズが褒め言葉として使われるほど、「小顔」は現代女性にとっての憧れポイント。
骨格から変えることは難しくても、顔のむくみ、フェイスラインのたるみを解消してスッキリさせれば顔の印象は大きく変わります。

<二重あご改善・すっきりエクササイズ>

二重あごを改善し、あごのラインをスッキリさせるエクササイズを毎日続けてみましょう。
とても簡単な方法ですが意外と効果が感じられますよ。

1. 頭をゆっくりと後ろに倒し、天井を見ます。
2. 口を大きく開け、天井に向かって舌を伸ばし、5秒キープします。
3. ゆっくり元に戻します。
4. 舌を元に戻し、上を向いたまま「あ・う」「あ・お」の形に口を大きく動かします。
5. 顔の筋肉がつかれるまで繰り返します。
※これを1日に4~5回以上、やるようにしましょう。

<筋肉ほぐし&むくみ解消・すっきりマッサージ>

テレビを見ながら出来る簡単な方法で、顔のリンパの流れを促進してむくみ解消するマッサージをやってみましょう。同時に筋肉のコリをほぐし、すっきりさせる効果も期待出来ます。

1. 両手をそれぞれ軽く握り、顎の両サイドに当てる。
2. ゆっくりやさしく、フェイスラインに沿って耳の前まで押し上げる。
※毎日、気がついた時に何回もやるといいでしょう。
※あくまでも顔に当てた指には力を入れず、やさしくやることがポイントです。


<日常生活で出来る顎をたるませない工夫>

その他にも、普段の生活の中でちょっとした姿勢や行動で顎をたるませないよう工夫することも大切です。
些細な事でも、毎日習慣的に続けている悪い癖や姿勢は、積み重なれば大きな歪みやたるみを引き起こす原因となってしまいます。
小さなことで顔のラインを悪くしてしまわないよう、普段からの注意が大切です。

◯下ばかり向かない
特に気をつけて欲しいのは、スマートフォンを1日中触っている人。
スマートフォンを扱う時、どうしても顔は下向きに。それを長時間長期間続けていれば、首にシワができ、顎にたるみができ、気付かない内に年齢以上の老け顔になってしまうことも大いに考えられます。
スマートフォン好きな人、SNSやゲーム、アプリが好きな人も、扱う時間が長くならないよう、普段から注意しておく必要があるでしょう。

◯顔を天井向け手首や顎の筋肉を伸ばすストレッチをする
同じ姿勢を続けていると筋肉が凝り固まってしまいます。
たまには上を向いて、顎から首のラインの筋肉を伸ばし、ストレッチするようにしましょう。
同時に姿勢も正すことが出来るので、気分もすっきりするはずです。

◯自分に合った枕を使用する
高すぎる枕を使用すると、寝ている間ずっと顎から首にシワを寄せてしまうことになります。長期間続けるとそれがクセ付いてシワやたるみがそのまま残り、治らなくなってしまいます。 仰向けに寝て天井を見た時に、顎から首のラインにたるみやシワができないような、自分の首の高さに合った枕を使用するようにしましょう。

◯硬いものを食べる食生活
柔らかい物ばかり食べる食生活では、顎の筋肉を使うことが少く、筋肉が落ちて二重あごを作りやすくしてしまいます。
固く歯ごたえのある食材を料理に使い、しっかり噛んで食べる癖をつけましょう。
毎日やるのが難しい場合は、ガムを噛むことでも効果があります。
顎を鍛えることでフェイスラインがスッキリし、二重あごも防ぐことが期待出来ますよ。

もっと詳しく見る