ゆっくり食事法9つのポイントで、誰でも簡単ダイエット!

ダイエットはしたくても、空腹のまま食事を終えるのは嫌ですよね。1回2回ならともかく、ずっと続けるとなると、考えただけでもウンザリしてしまいます。そこでオススメしたいのが「ゆっくり食べてしっかり満腹になれる」ダイエットです。
もちろん、いつもと同じ量を食べる訳ではありません。いつもより量を減らして食事を用意しましょう。あまり減らしすぎず、いつもの7~8割程度に抑えておけばOKです。

fde6e203343110d219f86a0d6855a2e1
出典:pinterest

ゆっくり食事法9つのポイント

①食事はいつもより少なく準備(7~8割程度)。

②外食の場合は低カロリーメニュー、できるだけ和食をセレクト。

③主食はご飯にし、少なくよそってもらう。または食べる量を決めて分けておく。

④野菜類⇒汁物⇒副菜⇒メイン⇒ご飯の順で食べる。

  副菜までは食べきってから次に移る。

⑤飲み物はお茶類、ミネラルウォーター、炭酸水をセレクト。

⑥デザートは控える、もしくはフルーツを少し。

  デザートを食べたい時は、フルーツゼリー(ジュレ)やシャーベット(ソルベ)ならOK。

⑦満腹感を感じたらそこで食事終了。

⑧左右両方で交互に噛んで食べる。

⑨1口30噛みを目安に、とにかくよく噛んでゆっくり食べる。

  1回の食事に30分以上は掛ける。


ここで特に重要なのはです。食事を始めてから満腹中枢が刺激されるまでには20分ほど掛かります。それまでに食事をガッツリ終えてしまっては、後から食べ過ぎて後悔することに。そうならないためには、ゆっくり食事をすることが大切です。「良く噛んで食べる」このあたり前のようなことにも、ダイエットのヒミツがたっぷり隠されています。



「よく噛む」はダイエットの味方

①噛むことで早めに満腹感を得ることが出来、食べ過ぎを防げる。

②噛むことでエネルギーを消費。

③噛むことで消化吸収力がUP。

実際わたしは昔からよく噛んで食べる習慣があるのですが、食べるだけで軽く疲労感を感じるほどで、確かにエネルギーを消費しているのが分かります。また、食事に時間が掛かるので途中でお腹一杯になることもしばしばです。


いかがでしょうか。ゆっくりじっくり食事を楽しんで、ダイエットできるこの方法。いつもより少し食べる量は減らしますが、それ以上に時間をかけて食事をするので満足感はより高まることが期待出来ます。いつもの急ぎ目の食事はやめて、のんびり食事の時間を楽しみつつ効果的なダイエットにつなげてみてはいかがでしょうか?