ハイヒールの選び方◆どんどん歩いても足が痛くならない!

足が細く長く見えるハイヒール。でも長時間履くと足が痛くなることもしばしば。
仕事の都合で長時間ハイヒールを履かなくてはいけない時や、結構歩いたりする時なんかは大変ですよね。

そんな場合も、ちゃんと自分の足に合う履きやすいハイヒールを選んでおけば大丈夫。
ということでハイヒールを選ぶためチェックポイント、まとめてみました。
154393047

ハイヒールの選び方◆どんどん歩いても足が痛くならない!

試し履きでチェック!

ハイヒールは試し履きして選ぶのが必須です。ポイントを押さえて履きやすい靴を選びましょう。

◆くるぶしが当たらない
カカトを合わせた時、座っても立っても隙間がなく、くるぶしに当たらないものを選びましょう。

◆履き口に隙間ができない
履き口に隙間がないか、逆に圧迫されていないかをチェックしましょう。

◆足の指が動かせる
足の指をまっすぐ伸ばし、動かすことが出来るくらいの余裕が有るものを選びましょう。
指が窮屈だと履いている内に痛くなってしまいます。

◆違和感がない
立ったり座ったり、歩いたりして履き心地をよくチェックしましょう。
土踏まずがしっかり靴の土台に乗っているか、足が靴の中で滑らないか、圧迫されるところはないか、など違和感を感じる部分がないかよく確認しましょう。
168710672

痛くならないハイヒール

また、あらかじめ痛くなりにくいハイヒールの特徴を抑えておくとラクです。

◆ヒールは太く、ゴム素材などでなくて固い素材のもの。
……ヒールがすり減りにくく安定性があります。

◆つま先が「親指寄り」になっているもの。
……足が窮屈にならず、痛くなりにくいです。

◆前底に厚みがあり、カカトとつま先の高低差が6cm以内のもの。
……靴底の高低差がこの程度だと、腰に負担を掛けません。

◆靴の素材が革などのほどよく柔らかく、足にフィットしやすいもの。
……長時間履いても擦れにくく、痛くなりにくいです。


いかがでしたか?
ハイヒールは、買う時に妥協したり手を抜いたりせず、しっかり足に合うものを選ぶことが何より大事です。
買った後も、滑り止めを付けたり、短時間から少しずつ慣らしていったりするなど、工夫することでより快適に履くことが出来るようになりますよ!

合わない靴を履くと、足が痛いだけでなく腰にも負担が掛かり歩き方もぎこちなくなってしまうので、買う時にしっかり痛くならない靴を吟味して下さいね!
139479151