日常でも写真でも!いつでもさり気なく「美人」でいる方法☆

ふとした瞬間に「この人、なんかキレイだな」って思われる人。それは顔立ちがどう、というのはまた別のポイントが有ります。 キレイな立ち方、座り方、歩き方、写真の映り方……ちょっとしたコツでいつでも美人でいられる方法、まとめてご紹介します。

日常でも写真でも!いつでもさり気なく「美人」でいる方法☆

181213191

写真に残る時は美人に映る

後から何度も見られる可能性のある写真、たくさんの人に見られる可能性のある写真では、できるだけ美人に写っていたいものですよね。

斜めに写って小顔美人
小顔に写るには端に立って、顔を少しだけ斜めにするのがポイント。
右側の顔を見せたければ右端に、左側なら左端に立ちましょう。

片足を出して美脚美人
片足を少し前に出したり、足の片方を軽く横に流すようなポーズを取りましょう。
前に出す足や横に流す足は、甲を伸ばしてかかとを軽く上げるのが、モデルさんの定番ポーズ。

ほっそり二の腕を美人
二の腕の太さが気になる場合は、腕を体から離して映りましょう。それだけで、腕をほっそり見せることができます。

180673273

日常のあらゆるシーンで美人に

座る時
短時間なら、椅子に浅く腰掛けて背筋をまっすぐ。
長時間座る場合は、深く腰掛けて背中を背もたれにまっすぐに着けます。
両膝は開かないように着け、つま先は膝より前に出るようにしましょう。

立つ時
バッグは脇に持ち、肘を引いてまっすぐに立ちましょう。
体の前でバッグを持ったり、肘に掛けていると、重心が前に偏って前屈みになり、姿勢が悪く見えるので注意。

手を組む時
親指をクロスさせ、それを他の手で覆うように組みます。
重ねた手は力を入れずに自然に丸みをもたせ、ハート型になるようにすると美しく見えます。

歩く時
つま先で地面を蹴り、しっかりかかとを上げて真っ直ぐ前に足をつきます。
靴を引きずるように歩いたり、ハイヒールの踵で大きい音を立てたりするのはみっともなく思われるので注意。

話す時
大声を出したり、けたたましく笑うのは好感度マイナスポイントです。
大きすぎず小さすぎないハッキリ聞き取れるくらいの声で、相手の方を向いて話しましょう。

177393169


いかがでしたか?
普段あまり気にしないようなところ、実は結構人目についているんですよ。
写真を取る時のポーズも、今すぐ実践したいですね。 見た目だけでなく雰囲気も美人になれるよう、ちょっとしたポイントに気をつけて美人度をどんどん上げちゃってくださいね♪
178752245