”大人レディ”を極める!絶対忘れてはならない3か条

年齢と共に服の着こなしも変わるもの。いつまでも10代の頃の服装では見た目も中身も大人になれません。アイテム選びからコーデの組み方まで大人レディを作るコーディネートテクニックをお教えします♡

理想は『大人の女性』

11418998_897843783620102_584489511_n
出典:instagram

トレンドに左右されて年齢とは不釣合いな格好をしていませんか?コーディネートは年齢と共に変えることで、着ている人の魅力を引き出してくれるのです。「自分にはまだ早いかも・・・」と思っているなら『ちょい可愛』を取り入れたレディコーデを試してみませんか?

STEP1、シルエットの基本『ゆる×ぴた』

13731178_674189929398235_943221669_n
出典:instagram

ちょい可愛いレディコーデの基本は「ゆる×ぴた」。体のラインがわかる「ぴた」っとで女性らしいシルエットを出し、フレアスカートなどふわっとしたスカートと合わせて可愛さをアピールします。逆にトップスをゆるめのニットにし、スキニーデニムなどすっきりとしたボトムを持ってくると大人っぽさが際立ちます。

STEP2、露出は『デコルテ・腕・足首』の3点

14487222_1061817863939403_6738382595945398272_n
出典:instagram

大人っぽさ=セクシーと勘違いして胸や脚を強調する服装をしていませんか?過度な露出はかえって下品な印象になってしまうので要注意です。大切なのは上品さを取り入れること。デコルテや二の腕などヘルシーな肌見せで男性をドキっとさせましょう♡

STEP3、ミニ丈は『肌を出さない』

20161014135918859_500
出典:wear.jp

ふわっとしたスカートは膝が出るとどうしても子供っぽくなってしまいます。基本は膝が隠れる丈感を意識しましょう。ショートパンツなどのミニ丈を取り入れたいときは、厚手のタイツと合わせて肌を隠すようにしましょう。こうすることで若い子が着るようなファッションでもシンプルに着こなすことができます。

また一歩レディな私に近づいた♡

large
出典:weheartit


この記事を書いた人

morimi103

もりみ

「いつまでも女の子でいることを忘れない」をコンセプトに、ファッションやレシピ、恋愛などのジャンルを中心にライターとして活動中。