ドライヤーで決まる!やりたいヘアスタイル別、髪の乾かし方まとめ

髪って、乾かす時に変なクセがついて後からなかなか直らなくて困ったりしますよね。
髪を思い通りのスタイルにしたいなら、乾かす時が勝負です。

そこで、やりたいヘアスタイル別に、髪の乾かし方をまとめてみました。

shutterstock_196831982

ドライヤーで決まる!やりたいヘアスタイル別、髪の乾かし方まとめ

髪を洗った後、しっかりタオルドライで水気を取ったら、ドライヤーで根本から乾かしていきます。
全体がある程度乾いたら、その後はなりたいスタイルによって乾かし方を変えるのがオススメです。

ふんわりボリューム
髪にボリュームを持たせてふんわりさせるなら、髪に手を差し込んだり髪を掴んで根本を浮かせてからドライヤーを当てます。
しっかり乾いたら根本を浮かせた状態のまま、ドライヤーを冷風に変えて髪を落ち着かせましょう。

広がらせないでスッキリ
ボリュームがあって広がりやすい髪は、髪を下の方に引っ張りながらドライヤーを当てます。
頭のてっぺんは手で押さえながらドライヤーを当て、後は髪を下に引っ張りながら根元から毛先の方向にドライヤーを当てていきます。
こちらも最後にドライヤーを冷風に切り替えてセットします。

ウェーブヘア
パーマを掛けていてウェーブを出したい場合は、根元を乾かした後、髪を指にクルクルと巻きつけながらドライヤーを当てます。
全体を同じようにして乾かしたら、最後に弱風で冷風を当ててウェーブを固定します。

a2ae720f40d36
出典:hair.cm

クシュッとエアリー
クシュッとしたパーマ感や無造作エアリーな雰囲気を作るなら、クシュッと感を出したいところを手で掴んでドライヤーを当てましょう。
全体を乾かしたら、カールが散らないよう弱めの冷風を当てて完成です。

メリハリ・ショートヘア
ショートヘアの場合は、トップは根本を掴んで浮かせながら乾かしてボリュームをもたせます。
逆に襟足はしっかり押えて乾かし、タイトにまとめます。
最後に冷風を当てて固定すれば、バランスの良いショートスタイルに。

618952f127f5b
出典:hair.cm


髪の乾かし方は、根本から毛先に向けてドライヤーを当て、後はクセ付けしたい形に手で整えながら温風を当てていくのが基本。
最後の冷風を当てて形を固定するのが大事なポイントなので、ここに気をつけて試してみてくださいね!


この記事を書いた人

miduki

miduki

パーマが掛からずアレンジもしにくい頑固な髪と、アイメイクを台無しにする立派な奥二重の持ち主。そんな厄介な条件でも自分で簡単にできるオシャレなアレンジ、なりたい雰囲気に近付くメイクのアイディアをご紹介しています。その他、素肌からキレイになるケア、心が浮き立つような楽しい旅行・観光、新しい世界を見付けるカルチャー、世界中のとにかく美しい楽しいことなど、ハッピーな情報を幅広くお伝えします。