もう悩まない!人間関係は「2-6-2の法則」でうまくいく♡

あの人とはうまくいかない、話が合わない、嫌われているかもしれない。そんな風に感じて人間関係に悩んだことは、誰もが一度はあるはず。そこで「 2-6-2の法則」を覚えておくと心が軽くなり、人との付き合いもスムーズにいくようになります。

これからは出会いが増える季節!ぜひ参考にしてみてください。

「2-6-2の法則」って?

これは人が集団になったときに起こる現象の一つで、 上位(優秀なグループ)が2割、中位(普通なグループ)が6割、下位(劣等なグループ)が2割になるというもの。

n
出典:weheartit

有名なのは“アリ”のお話。

働きアリは全員働いているわけではなく2割は何もせずただ怠けているそうです。そこで怠け者のアリを排除しても、しばらくするとまたその中の2割りがさぼり始めるんだとか。

んn
出典:weheartit

これは人間界でも同じだと言われていて、どんなに優秀な人をかき集めてグループをつくっても、怠けたり成績が悪くなる人は2割現れるのだと言います。

人間関係に当てはめてみよう!

この法則から人間関係を考えてみましょう。そうすると、とても仲が良くて気が合う人は2割、普通の仲が6割、どうしても気が合わない人が2割となります。

m
出典:weheartit

意見が合わない、何となく嫌い、いじわるをしてくる、自分のことを嫌っている。そんな人たちが2割いるのは“仕方ない”“自然の法則”だとして受け止めるのが正解なんです。無理に合わせようとしたり、好かれようとしたりするから疲れるだけ。何でこうなの!と怒っても仕方ないことなのです。

いかがでしたか?
この法則を知っているだけで、気持ちが少し楽になったら良いなと思います。 気が合う2割の人たちを大切にして、ストレスのない人間関係を築いてくださいね。


人間関係を断捨離しよう!

繋がり疲れてない?「人間関係の断捨離」で人生が輝く



この記事を書いた人

nanacyu

nanacyu

都内PR代理店、美容クリニック広報を経験。現在は駐在妻として海外で暮らす。国内外の美容、トレンド情報を中心にさまざまな媒体で記事を執筆中。現在ヨガインストラクター(RYT200)としても活動。
もっと詳しく見る