自分に自信が持てない…と嘆く人に実践してほしい2つのこと

最近何をやっても上手くいかない。周りの人が自分より幸せそうに見える。こんな心境でお悩みの方は少なくないと思います。ひとたび自分に自信が持てなくなると私たちは物事をネガティブに捉えがちになり、上手くいかない状況はますます悪い方向へ進み、負のスパイラルへ陥ります。そこで今回は、自信を失ったとき、ふと立ち止まって考えてみてほしい2つのことをお伝えします。

自信が持てなくて辛い…と思ったら実践してほしい2つのこと

1:自分がどんな人間なのかを知る

female-865110_640
(出典:pixabay.com

突然ですが、皆さんは自分がどんな人間かを説明できますか?自分がどんな性格で、何が好きで何が嫌いかをきちんと把握していますか?こう聞かれると、自分自身のことなのに意外とよくわかっていない人が大半かと思います。

自信をなくした人はついつい自分の欠点にばかり目を向けがちですが、ここで大事なのは自分の長所を知り、認めることです。どんなささいなことでも、それはあなたの良さであり、あなたを構成する要素のひとつです。自分を否定する前に、長所を肯定できるようになりましょう。

2:自分と同じ人間はいないことを自覚する

girls-685778_640
(出典: pixabay.com

自分に自信が持てない人はつい他人と自分を比較しがちです。周りの人が自分より優れていて満ち足りた生活を送っていると感じ、上手くいかない現状を嘆いてはさらに自分を否定する傾向にあります。しかし、自分と同じ考えや感性の持ち主はいません。自分と同じ境遇で生きている人などいません。

心に留めておくべきことは、友達であろうと家族であろうと、自分と同じ人間はいないことを自覚することです。つまり、人と自分を比べること自体が無意味なことなのです。それよりも、逆境をどう乗り越えていくか考えることに時間を費やした方がよっぽど生産的ではありませんか?

自分を認めてあげられるのはあなた自身

trust-440224_640
(出典:pixabay.com

物事が思うように進まないとき、どうしても自分を否定して落ち込んでしまうことがあります。しかし、辛い状況を変えていくことができるのは自分自身。最終的に、自分を認めてあげることができるのは自分だけなのです。自信を失ったときほど自分を知り、自分を大切にできてこそ真の幸せが手に入りますよ。


この記事を書いた人

UKR

UKR

ファッション・美容・インテリアをメインにライティング活動を行う。高級ブランドも好きだし、プチプラも大好き。流行も取り入れつつ、自分がときめくものだけを選択していく。自分だけの審美眼があっていい。そんな現代の女性たちを応援するべく、独自の視点を元に収集した情報を発信する。
もっと詳しく見る