本音を語るな。秘密を持て!「正しい同棲のススメ」

交際するカップルが結婚するまでの過程で経験する可能性があるのが「同棲」です。多くの場合はカップルの仲が進展し、「ずっと一緒にいたい」という思いから一緒に暮らす=同棲へと発展するようです。ただ、この場合「好きな人とずっと一緒にいられる」という100%お花畑では、せっかくの同棲が台無しです。

そこで、今回は有意義な同棲を実現してもらうために「正しい同棲のススメ」をご紹介します。同棲が上手くいくコツはこんなことです。

同棲のススメ~第1章~「同棲は相性診断ではない!」

shutterstock_364449851

たまにデートをするだけでは男性のすべてを把握することはできません。そういう意味では同棲は24時間一緒にいるわけですから、男性の素の部分を見ることができます。しかし、それは相手との相性診断をすることが目的ではありません。

そもそも「一緒に暮らそう」と合意しているわけですから相性はいいに決まっています。分かりきったことを確認することほどムダなことはありません。

同棲のススメ~第2章~「価値観を共有せよ!」

shutterstock_410648107

まったく価値観の合わない相手と同棲することほど苦痛なものはありません。だからこそ価値観をチェックしておくことは重要です。育ってきた環境がまったく異なる2人が共同生活をするわけですから、噛み合わないことも出てきます。

ぜひ押さえておいて欲しいポイントは、「好きなものを共有するよりも嫌いなものを共有する方がいい 」ということです。嫌いなものさえ価値観が共有できれば、同棲は間違いなく成功するでしょう。

同棲のススメ~第3章~「本音を語るな!秘密を持て!」

large
出典:weheartit

勝手にスマホを見られても平気ですか?勝手に私物を探られても平気ですか?

世の中にはすべてをさらけ出すことが平気な人もいますが、一切の秘密を持たずすべてをさらけ出すことは、なかなかハードルが高いものです。

相手を傷つけるようなものはダメですが、本音で語りすぎるとケンカの元になります。「本音で語る 」ということをストレートに捉え過ぎている人が多いので気をつけましょう。

意義のある同棲に!!

shutterstock_254406076

いかがでしたか?
同棲でラブラブに過ごすことも大切ですが、結婚を含めた今後を考えていける相手ならば意義のある同棲にしていきましょう。そして、男性の嫌な部分をしっかり見てそれを受け入れられる覚悟ができたなら、それは生涯を共にするパートナーなのかもしれませんよ。


この記事を書いた人

KUMA

KUMA

30代のシングルファザーです。みなさんの胸が熱くなる情報をお届けします!