美人なのにモテない・・・残念美人に学ぶ「モテるポイント」

あなたは美人に憧れますか?確かに美人はモテ要素をたくさん持っているし、男性の視線を集めることも多いでしょう。しかし、美人が全員モテるのかと言われたら、そうでもありません。この事実から学べることは何だと思いますか?

モテ要素を押さえればモテる!

© Alyssa Wilcox Photography 2016
出典:weheartit

美人でもモテない女性がいるのは、その女性がモテ要素を押さえていない「残念美人 」だからです。逆に言えば、残念美人のどこが残念なのかが分かり、それをカバーするようにあなたが取り入れれば、残念の逆「モテ要素」へと昇華するはずです。

残念Point①「肌」

large
出典:weheartit

目鼻立ちなどは美人を確定させるモテ要素であることは言うまでもありませんが、男性が惹かれるのは女性の肌です。男性がナチュラルメイクを好むのは、女性の美しい肌を見たいという願望でもあります。

毛穴などを隠すように厚く塗られて美しく見える肌ではなく、キメ細かく手入れされた肌に男性は女性らしさを強く感じるのです。

残念Point②「バッグの中」

20131114tamamura01
出典: biranger

外で男性と会う時には、それなりにメイクしたり着飾ったりして、いわゆる"良い状態"ですよね。でも、実際に付き合うとなると良い状態ばかりを見せられるわけではありません。そういう一面を垣間見てしまうと男性のモチベーションは急激に下がります。

たとえば「バッグの中」です。鏡やスマホを取る時にふとバッグの中身が見えてしまったら、どう思われるでしょうか。整頓されたバッグとぐちゃぐちゃなバッグなら、どちらに魅力を感じるでしょうか。

残念Point③「非常識」

large
出典:weheartit

TVではおバカキャラの女性タレントが多く活躍しています。それを見て笑顔になってしまう男性が多いようです。ただ、これはTVを見ているから楽しめているのであって、実際に自分の彼女がそうなるとなかなか大変です。

友だちとの会話の中で少しおバカ発言が出て笑いが起こるくらいならまだしも、常識が問われる場で非常識を炸裂させられるとたまったものではありません。

モテ要素をしっかり押えて、本物の美人へ!

いかがでしたか?
特に男性は自分に自信がない反面、彼女がしっかりしていると「そんな彼女と付き合えている俺ってすごい!?」と自信が満ちてくるようです。だからこそ、見た目が美人でも友だちに紹介できないような彼女では困るんですね。

世間では「性格美人」「雰囲気美人」という言葉がありますが、男性はそういう部分の"美人"を求めているのではないでしょうか。


この記事を書いた人

KUMA

KUMA

30代のシングルファザーです。みなさんの胸が熱くなる情報をお届けします!