チーク1つで変わる♪カワイイと言わせるチークの入れ方

かわいく見えるメイクには、目元や口元だけでなく、チークの入れ方が重要です。

せっかく他が上手くできていても、チークをちょっと間違えると全てが台無しに。

カワイイ!を強調しようとして、ほほがまん丸真っ赤になった経験を持つ人も、少なくないはず。

今回は、パッと見てカワイイ!と思われるチークの入れ方、ご紹介します。

101532163

チーク1つで変わる♪カワイイと言わせるチークの入れ方

ほほの高い位置をチェック

まずは、ほほの一番高い位置をチェックしましょう。

微笑んだ時の位置でなく、思いっきり笑った時の位置を見るのがポイントです。

1. まず正面から鏡を見て、思い切り笑ってみる。

2. ほほが上がって一番高くなる場所をチェック。

3. 次に、笑ったまま横顔でほほの高くなる位置をチェック。

4. ほほの最も高い位置に、指先につけたチークで目印をつける。

これで、ほほの高い位置が確認できました。

チークは大きめブラシで

チークは、付属のブラシでなく大きめのブラシで付けるようにしましょう。

付属ブラシでは毛量が足りなかったり持ちにくかったり、毛の質が今ひとつだったりして、ムラなくキレイに付けるのが難しいためです。

大きめの天然毛のブラシでスッとチークをのせた方が、よりナチュラルに付けることができますよ。

78529862

思いっきり笑いながら塗る

思いっきり笑ってからチークをのせましょう。

1. 鏡を見て印をつけたほほの一番高い場所に、ブラシの毛を寝かせて置く。

2. 笑ったままブラシの面全体を使って、ほほ全体にチークを動かす。

※ ほほの一番高い所を中心に、ほほ全体にブラシを動かすと、最も高い位置が濃く、周りにだんだんとチークが薄く……という自然な付き方になります。

※ 笑顔を作ってほほの高さをキープしながらチークを入れるのがポイントです。

プラス一工夫で更に可愛く

チークを付けたら、鏡で見て目立ち過ぎないかチェック。

少しわざとらしくなったかな、という時はチークの輪郭を指でなぞってぼかしましょう。

そうすると、より自分の肌になじみ、自然で血色の良いかわいさになります。

また、より元気で明るい雰囲気に仕上げたい時は、チークは少々濃い目でOK。

控えめなふんわり感、上品なかわいさを出したい時は、手の甲で少し粉を落としてからほほにのせると調度良くなりますよ。

元気で明るいカワイイか、ふんわり上品なカワイイか、始めに決めておくのもポイントです。

164198068


ほほの広い範囲に濃い色のチークをたっぷり均一に乗せてしまうと、すべてが台無しに……。

せっかくのチークも逆効果にしかなりません。

自然なかわいさを出すには、チークの入れる位置や入れ方が大切。

思い切り笑って高さをチェック、ブラシで自然なチークを入れて、カワイイを完成させましょう♪

177124605

もっと詳しく見る