顔が大きく見える逆効果メイク、デカ顔を作る3つのポイント。

現在美人の必須条件、「小顔」。
せっかくキレイな顔立ちでも、顔が大きく見えるとちょっと残念な印象になってしまうことも。

できるだけ小顔に見えるよう、メイクを工夫する人も多いと思いますが、実は小顔を狙ったメイクが逆効果になっていることもあります。

ということで、今回は勘違いしがち、実は顔を大きく見せているNGメイクについてご紹介します。

Elegance

顔が大きく見える逆効果メイク、デカ顔を作る3つのポイント。

NG① 輪郭ギリギリまでしっかりファンデーション
ファンデーションの色が首の色と違いすぎると、顔がのっぺり浮いて見えていまします。
ファンデーションは首の色に合わせて選び、顔の中央部分はしっかり、輪郭に向かって薄く、輪郭は塗らずにぼかすのがオススメ。
顔全体に自然な立体感が出て小顔に見せてくれます。

iStock_000026108858_Small

NG② 眉毛を短めにカット
眉毛が短すぎるとこめかみの余白が広くなり、顔が大きく見えてしまいます。
眉尻は小鼻の横と目の端を通った線の延長上に置くとちょうど良い長さになりますよ。

Closeup beautiful woman with eyebrow brush tool

NG③ 大きめまん丸チーク
キュートなイメージのまん丸チーク。
でも頬の上に大きくまん丸なチークを入れると、頬が丸く、顔が大きく見えてしまうので要注意。
逆にスッキリ見せたい場合は、頬骨の上に斜め楕円に入れるのがオススメです。

Beautiful woman applying  rough on cheek


普段、ついやってしまいがちなNGメイク。
逆効果で顔を大きく見せてしまわないよう、気を付けてメイクしてくださいね。

ちなみに、ファッションやアクセサリーでも小顔効果を出すことは可能。
Vネックのトップスは顔をスッキリ見せる効果、大きめのピアスやイヤリングは顔を小さく見える効果が期待できますよ。
woman wearing shiny diamond earrings

この記事を書いた人

miduki

miduki

パーマが掛からずアレンジもしにくい頑固な髪と、アイメイクを台無しにする立派な奥二重の持ち主。そんな厄介な条件でも自分で簡単にできるオシャレなアレンジ、なりたい雰囲気に近付くメイクのアイディアをご紹介しています。その他、素肌からキレイになるケア、心が浮き立つような楽しい旅行・観光、新しい世界を見付けるカルチャー、世界中のとにかく美しい楽しいことなど、ハッピーな情報を幅広くお伝えします。
もっと詳しく見る