衝撃!!ノーベル賞『オートファジー』に着目した「美容液」を発見!!

先日の10月3日、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが2016年「ノーベル医学・生理学賞」を受賞されましたね。受賞理由となった『オートファジー(自食作用)』と呼ばれる現象について、皆さんもテレビのニュースなどでお聞きになりましたでしょうか?

ノーベル賞受賞!!大隅教授の研究『オートファジー』って…!?

img_2d24ec652c1f3e87c78e90009a1a540c251245
(出典:toyokeizai.net

『オートファジー』とは、“自分を・食べる”という意味で、細胞に必要な栄養がなくなったとき、自分の中に残った不要なたんぱく質などを自ら食べて分解することで新しい栄養を作り出し、再利用する仕組みのことだそうです。

細胞内で自らのたんぱく質を分解する仕組みがあることは、1974年に「ノーベル医学・生理学賞」を受賞したベルギーのドデューブ氏がマウスの臓器で見つけており、『オートファジー』と名付けていたのですが、分子レベルでは未解明のままでした。

ついに、大隅教授が研究により分子レベルで解明!

近年、『オートファジー』はヒトのがんや老化の抑制にも関係していることが判明しているそうで、今後病気の原因解明や予防法・治療法などの開発につながることが期待されています。

大隅教授の研究が生命科学の分野にもたらした意義は大きく、この度その功績が高く評価されたというわけです。

衝撃!!『オートファジー』に着目した「美容液」がある!?

shutterstock_412817323

不要なモノを浄化し、新しい栄養をつくり出す。細胞には“自らを再生する”というなんとも優れた機能があるなんて、改めてビックリですよね。今回の大隅教授の受賞により、「初めて『オートファジー』という機能を知った」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方に、ここでさらなるビックリニュースです!

じつはこの『オートファジー』に着目してつくられた、美容液 があるんです!!知ってましたか!?フェイスラインのたるみなど、肌の衰えが気になる年齢肌の救世主♡エイジングケアに特化したすごい美容液なんだとか・・・。

年齢肌にパワー注入!アンプルールのすごい美容液を発見♡

1211
(出典:cosme.net

こちらがその美容液、アンプルールの「ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションV」です。年齢肌の様々なお悩み(ゆるみ、たるみ、シワ・・・etc)は、肌の真皮が衰えることで起きるもの。これに立ち向かうには、肌表面から保湿するだけでなく、真皮を若々しく保つケアが重要になってきます。

そこで完成されたのが、先進のエイジングケアシステム「セルアクティベートV フォーミュラ」。

自己再生力・修復力を最大限に引き出す♡

中でも、細胞内に蓄積した様々なストレスを浄化する機能『オートファジー』に着目し、「セルフメンテナンスペプチド」を配合しているのが特徴的。細胞内をベストコンディションに保ち、細胞そのものが持つ自己再生力・修復力を最大限に引き出すことを目的とした美容液なんです!

とろっとしていい香り♡最高の癒し♡

テクスチャーはとろっとしていますが、「肌なじみが良い」という口コミが多く、使用感が良いのがポイントです。

エイジングが気になる方、内側からハリを感じる肌に育てたい方は是非チェックしてみて下さいね。

★商品HPはコチラ⇒アンプルール公式サイト


この記事を書いた人

UKR

UKR

ファッション・美容・インテリアをメインにライティング活動を行う。高級ブランドも好きだし、プチプラも大好き。流行も取り入れつつ、自分がときめくものだけを選択していく。自分だけの審美眼があっていい。そんな現代の女性たちを応援するべく、独自の視点を元に収集した情報を発信する。