え!フルーツも肌が老ける原因!?『NG朝食メニュー4つ』

一日のスタートに欠かせない朝食。定番の和食からオシャレなカフェ飯、手軽にフルーツだけなど様々なメニューがあります。しかし何気なく食べていたその朝食が、実は老けさせる原因になっていたかもしれません!

食べると老ける?!NG朝食メニュー

1.食パン

large
出典:weheartit

手軽に食べられる朝食メニューとして人気の食パン。実は食パンそのものが肌を老化させる原因ではなく、問題は食パンに付けるマーガリン。マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は血管の老化を促進させ血液をドロドロにして肌荒れの原因になるのです。

2.パンケーキ

large-1
出典:weheartit

小麦粉・卵・牛乳・砂糖を使うパンケーキは、AGEsという毒性のある物質ができやすいメニュー。AGEsはシワやたるみなど肌の老化を進める原因になり、特に朝食は食べたものを全て吸収してしまうので要注意。

朝食ではなく食後のデザートなどに食べる程度にすれば問題はありません。

3.フレンチトースト

large-2
出典:weheartit

オシャレなカフェメニューとして人気のフレンチトーストですが、砂糖の使用量が多いので血糖値が上昇しやすく、体内でより多くのAGEsを発生させる原因になります。

やっかいなAGEsですが、サラダを一緒に食べたりゆっくりとよく噛んで食べることで発生を抑えることができます。

4.フルーツ

large-3
出典:weheartit

ビタミン摂取のために朝からフルーツジュースやスムージーを飲む人も多いはず。しかしオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系にはソラレンという物質が含まれており、紫外線に反応してメラニン細胞を刺激しシミを発生させる原因となってしまうのです。

朝フルーツを食べるときはソラレンの少ないりんごやバナナがオススメです。

美味しく食べてキレイ肌を目指せ♡

12912356_1033107073415747_1338076322_n
出典:instagram


この記事を書いた人

morimi103

もりみ

「いつまでも女の子でいることを忘れない」をコンセプトに、ファッションやレシピ、恋愛などのジャンルを中心にライターとして活動中。