高価なスキンケア必要なし!肌を若返らせるには〇〇温めよ!

スキンケアは、化粧水や美容液を使った外側からのケアについつい目がいってしまいがち。しかし、お肌を美しく保つためには、内側からもケアも同じくらい大切です。




出典:weheartit

肝臓は若さのキーワード

肝臓とは、若さに直結する臓器と言われています。それは肝臓の主な機能が、代謝、解毒作用、胆汁の生成・分泌という3つであることが関係しています。


元気な肝臓は「グルタチオン」という成分を合成し、美白効果のある肌色メラニンを生成してくれます。よって、お肌を若々しく保ち、くすみ知らずの美肌を維持してくれるのです。


しかし、長時間のデスクワークによる眼精疲労や、普段の暴飲暴食などにより肝機能が衰えると、毒素が排出できずに顔色がくすみ、肌荒れや吹き出物がでやすくなってしまいます。さらに肝機能の衰えは、体内のビタミンを不足させて、シワやたるみのできやすい状態を作ってしまいます。



shutterstock_472256644

肝臓を元気にする方法

弱った肝臓を元気にし、お肌がみるみる若くなるする簡単なセルフケアの方法があります。



それは、肝臓温めること!



やり方は、肝臓の上にカイロや湯たんぽを置いて、温めてあげるだけです。肝臓の位置はお腹の右上、横隔膜の下、胃の隣あたりになります。この部分を、夜寝る前や、休憩時間の間などに温めてあげると肌に透明感が出てきますよ。




出典:weheartit

どんなにスキンケアを頑張っていても、肌質が改善されない方は、是非試してみてくださいね。




この記事を書いた人

USAJIRO

美容・ダイエット専門ライター兼ギャラリーオーナー。 現在は美術品を扱うショップを経営しながらコラムを執筆中。