化粧水の効果が上がる!もっとキレイになる3つのコツ

毎日のスキンケアって、習慣として義務的に続けていたりしませんか? なんとなく、で化粧品の説明書きや効果をよくチェックしないでずーっと使い続けていた、なんてことも意外と多いのではないでしょうか。 でも、せっかく毎日続けていても、本来の使い方に合っていないやり方をしていたり、自分に合わない化粧品を使っていたりしたら効果は半減、場合によっては台無しになることも。 今回は特に、スキンケアで最も重要ともいえる化粧水の上手な使い方をご紹介します。

化粧水の効果が上がる!もっとキレイになる3つのコツ

20130109150005-11

パッティングは叩かなくてOK!

化粧水を付けた時、しっかり浸透させるためにパッティングしている人、多いですよね。 でも、顔を叩くのはNGです。パッティングに力は要りません。化粧水を顔全体にまんべんなく付けたら、手のひらで顔を押し包むだけでOK。 肌はデリケートなので強く刺激するのはNG。肌に浸透させるには、たっぷりの化粧水を付けて、押さえるだけでいいんです。 20121225131741-281

付けたら3分待って!

化粧水、美容液、クリーム、乳液……スキンケアだけでも使うアイテムはたくさん。 手早く次々に付けている人も少なくないと思います。 でも、化粧品を付けて、すぐまた他の化粧品を付けてしまうのはNG。 しっかり浸透する前に別のものを付けることになるので、化粧品本来の効果が得られないんです。 そこでオススメなのが、1つ付けたら3分間を空ける方法。 朝ならその間に歯を磨いたり、ヘアスタイルをセットしたり、朝食を作ったり。 夜なら、テレビを見ながらのんびり時間をおいてスキンケアしてもいいですよね。 iStock_000011032489_Small

化粧水の種類を確認!

保湿を目的とした一般的な化粧水、肌表面の汚れを取り除く目的のふき取り化粧水、毛穴を引き締める効果がある収れん化粧水。 さらに、同じ目的の化粧水の中でも、乾燥肌用、敏感肌用、湿性肌用など、化粧水にはいくつもの種類があります。 大事なのは、自分の肌の状態や肌質、化粧水に求める機能をはっきりさせた上で、それに合ったものを選ぶこと。 なんとなくや、評判が良いから、と使っていても十分な効果は期待できません。 オススメなのは、売り場で肌診断を受けて自分に最適な化粧水を見つける方法です。肌質を確認して、悩みや希望に合ったものを探してもらうと良いですね。 Collection of skincare spa products
「なんとなく」や「いつも通り」で済ませてしまいがちな化粧品選びとスキンケア。 きちんと自分の肌に合ったものを吟味して選び、しっかり浸透させるようにケアすることで、今まで以上の効果が期待できます。 せっかく毎日スキンケアするのですから、できるだけ効果を上げてキレイを磨いていきたいもの。 ぜひ、この3つのコツに気をつけてケアしてくださいね! Daily care cosmetics on white background.