【必見】オフィスの乾燥対策(スキンケア)

1年で最も空気の乾燥が酷くなる冬は、乾燥肌に悩む女性もたくさん出てくるもの。特にエアコンが使われているオフィスは空気が乾燥しがちですので、自分なりの対策をしながら、冬でも美しい肌を保っていきましょう。


出典:nanapi.jp

○簡単なスキンケアアイテムを活用しましょう!

肌にとって快適な湿度は60%前後ですが、乾燥が酷くなる冬期間は20%前後まで湿度が落ちることもあるようです。

オフィスや周辺環境が乾燥していれば、朝しっかり塗ってきた化粧水クリームの保湿効果も下がってしまうもの。そんな時は休憩時間などを活用して、簡単スキンケアを行いましょう。

男女問わず多くの人に使われているのは、唇の保湿をしてくれるリップクリーム。この他にハンドクリームも、デスク上で簡単に使える便利アイテムです。温泉水入りのスプレーも便利ですが、デスクで使うとちょっとマナー違反かもしれません。顔関係の保湿アイテムを使う時には、トイレ休憩などで離席したタイミングが理想的でしょう。

唇、手、顔…と頻繁にクリームなどを塗っていると、肌からの水分蒸発も防げますので、帰宅後・就寝前のケアも簡単になります。眠い夜に必死でスキンケアを頑張るよりも、休憩時間などを活用してちょこちょこと保湿を行う方が、しっとり肌を持続できるようです。

○冬期間は肌の新陳代謝や血流も悪くなります!


出典:allabout.co.jp

冬になると冷え性に悩む女性もたくさんいるもの。そんな冷え性の原因は、新陳代謝の低下とも言われています。

新陳代謝の良い人は肌の細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)も正常なので、皮脂バランスも整っていて、化粧水やクリームによる保湿成分も行き届きやすいもの。でも肌の新陳代謝の悪い人は、肌内部の細胞も元気がなく、スキンケアアイテムによって補った保湿成分を溜め込む力も弱っているのです。

肌・新陳代謝・体温は深く関係していますので、冷え性の女性は特に体を温める工夫をした方が良いでしょう。仕事中に飲むドリンクをホットにしたり、ひざ掛けを使うだけでも、十分な冷え性対策になりますよ。

○保湿成分だけでなく、バリア機能に着目したケアを!


出典:simibihaku.com

冬になると「保湿成分配合!」と書かれた化粧品がたくさん出てきますが、「保湿成分が多ければ、乾燥肌対策は万全!」というわけではありません。

有名な保湿成分セラミドコラーゲンヒアルロン酸などは、確かに肌に潤いを与えます。しかしそんな肌が既に乾燥しているカラカラ状態だと、せっかく補った保湿成分までも蒸発する負のスパイラルが繰り返されてしまうのです。

「たくさん化粧水を使っているのに、全く潤わない…。」

こんな悩みを抱える人は、肌のバリア機能が低下しているのかもしれません。

健康な肌はバリア機能が正常に働いていますので、オフィスのエアコン、紫外線、タバコの煙などから守られています。肌にしっかりラップが張られているイメージですので、化粧水で補った水分(保湿成分)も蒸散しないのです。

冬のスキンケアアイテムは、セラミドコラーゲンヒアルロン酸という保湿成分だけでなく、「バリア機能」というキーワードに注目して選んだ方がより高効果を期待できます。「補った保湿成分を逃さない!」という役割のバリア機能を強化すると、乾燥だけでなくエイジングケア(シワ予防)にも繋がるメリットがありますよ。

○デスクの上で加湿器を使いましょう!

あまりにも大きな加湿器はオフィスに持ち込めませんが、最近ではデスクで使っても邪魔にならない簡易的な加湿器が販売されるようになりました。体質改善やスキンケアも重要ですが、「自分の周囲の湿度を高める」という努力も、非常に有効です。

オフィス使いに最適なのは、「自然気化方式」と「USB式」というタイプ。環境に合わせた加湿器を活用すれば自分の周囲の湿度がアップしていきますので、乾燥肌も次第に改善していくでしょう。

○自然気化式 加湿器


出典: bu249.com

常温の水を蒸発させて、加湿するタイプです。電源も必要ありませんので、エコという点でも注目度がアップしています。デスクを華やかにする可愛いデザインのものがたくさんありますので、見た目と簡易的という両面で若い女性からの人気が高いと言われています。


○USB式 加湿器


出典: tsuhanclub.jp

パソコンのUSBから電源を供給するタイプで、デスク上で使えるコンパクトな設計となっています。自然気化式よりも加湿性能が高い傾向がありますので、あまりにも乾燥が酷いオフィスではUSB式加湿器を使った方が良いでしょう。

乾燥が酷くなるオフィスですが、こまめなスキンケア保温成分加湿器の利用によって、肌の潤いに繋がるようです。悪化した乾燥肌は改善まで時間を要しますので、肌のかさつきが気になった時には、早めの対処をしましょうね。