本気で効果を出すシートマスクの正しい使い方&裏ワザ

ちょっとスペシャルなスキンケアとして定番化したシートマスク。でも、シートマスクの使い方、意外と勘違いしている人が多いんです。ということで、今回はシートマスクの実力を最大限発揮させる、本当に効果のある正しい使い方と、更に効果を上げる裏ワザをご紹介します!

O9ZAKWj5_1438151485
出典:i-voce

シートマスクの正しい使い方

まずはしっかり保湿

シートマスクを乗せる前に、しっかり化粧水で保湿しておきましょう。どうせシートマスクで保湿するから……と洗顔後の肌に直接シートマスクを乗せるのはNGです。シートマスクの主原料は保湿より美容成分がメイン。シートマスクだけで十分な保湿をするのは難しく、潤い不足の肌ではせっかくの美容成分もうまく浸透していきません。

事前にきっちり集中ケア

シートマスクには、美容成分をしっかり肌に染みこませる効果があります。シミなどが気になる部分がある場合は、先に美白美容液を塗ってからシートマスクを使いましょう。シートマスクが蓋の役割をして、じっくり美白成分を浸透させることが出来ます。

使用時間は厳守

「シートマスクは乾くまで乗せておく」と勘違いされていることがあります。乾くまで放置していると、肌が乾燥してしまって逆効果です。説明書きにある使用時間をしっかり守って、シートが乾き始める前に外すようにしましょう。

浸透力アップの簡単裏ワザ

0710
出典:lbr-japan.com

シートマスクは温めると浸透力がUP!
一番おすすめなのは、バスタイムに個包装のパックを湯船に入れる方法です。お風呂あがりにすぐに化粧水で保湿して、それから温めたパックをのせれば、保湿美容成分の浸透もバッチリです。
ただし、熱すぎるお湯に入れたり、壊れやすいビタミンCが配合されているマスクをお湯に入れるのは、止めておいた方が良いようです。


正しく使えば、肌のスペシャルケアには手軽で効果的なシートマスク。しっかり効果を発揮させて、しっとり潤い美肌を育てて下さいね。