キレイなあの人がこっそりやっている……3つのズボラ美容法

密かに憧れちゃうようなキレイなあの人。
こっそりやっていたのは、スペシャルな美容法でもエステ通いでもなくて「ズボラ美容」だった!
そんなことは本当にあるんです。手を抜くことが美容に効く、そんな3つの方法をご紹介します。

キレイな人はもうとっくにやっている「3つのズボラ美容」

161144074

勝負下着なんて持たない

見えないところのおしゃれが本当のおしゃれ?
いえいえ、布地が少ない下着、サポート力の低い下着、レース時で寒い下着なんて健康にも美容にもいいこと無しです。 体を冷やさずしっかりサポートしてくれる保温性機能性重視、デザイン二の次の下着が一番です。
でも実は、言ってしまうと……

「うっとりするほど着心地がよくて」
「しっかり温めてくれて」
「見てるだけでも楽しいような大人かわいいデザイン」
「しかも高品質で耐久性が高く、長く使える」

という、理想的な下着をたくさん作っているおすすめ下着ブランドもあるんです。
それはこちら。KID BLUE
有名デパートに出店している場合も多いので、一度生地の感触とデザインだけでも確かめてみてください。
使われているレースも含め、すべてが一度触れたらやみつきになる心地よさです。

普段はファンデーションなんて塗らない

特別な日でもない限り、ファンデーションなんて止めちゃってOKです。 UVカットの下地クリームかBBクリームに、粉かベビーパウダーとリップだけで十分です。 洗顔剤を使っても落ちにくい、メイク崩れの原因にもなりやすい、油分を含んだファンデーション。 それだけでなく、使い方によっては肌トラブルの原因にになることも少くありません。

枕は頭じゃなくて足に

高い枕、それだけで首のシワの原因になるってしっていましたか?
それだけじゃなくて寝違えたり姿勢を悪くして利する危険も。
枕は頭に使わず、むくみ予防に足を載せたほうがずっと有効なんだといいます。
その代わりに、バスタオルやマットを畳んでちょっとした高さを作って枕の代わりにしたり、バンザイして頭の上で肘を曲げたまま寝る方法はもイイそうですよ。バンザイ寝は背筋を伸ばして骨格を整える効果も期待できるとか。


手を抜いているようで実は美容にいい、ズボラ美容。
気になったことから是非トライしてみてはいかがでしょう?