おばさん体系の原因!女性ホルモン「エストロゲン」の減少を防ぐ方法

エストロゲン」って知っていますか?女性らしい体系や潤いのある肌、イライラしない穏やかな心をつくるのに欠かせない女性ホルモンの一種です。ここでは、そんなエストロゲンが年齢と共に減少しないようにする方法をお伝えしたいと思います。

女性の人生にかかせない「エストロゲン」

eg1
出典:weheartit.com

私たち女性が生きていく上で、女性ホルモンは切っても切れない存在です。中でもエストロゲン(卵胞ホルモン)は、乳腺の発達を促し女性らしい体を作ったり、皮膚に潤いを与えたりする他、コレステロール値を下げる、 妊娠しやすい状態に導くなど、重要な役割を果たしています。

「エストロゲン」が足りないと、おばさん体系に!

エストロゲンが減少すると、体系が崩れる、肌が乾燥するなどの見た目への影響だけではなく、更年期障害を引き起こす原因にもなります!コレステロール値も上がってしまうため、健康にも深く関係しています。エストロゲンは、ずっと若々しく女性らしくいるために欠かせないものなのです。

エストロゲンの減少を防ぐ方法!

エストロゲンは、年齢と共に減少してしまうものですが、生活習慣などによって個人差があります。エストロゲンを減らさないよう、若いうちから心掛けることで、将来が変わってくるといっても過言ではありません!

恋をする

eg2
出典:weheartit.com

既婚してしまっても、何かにトキめいたり、ドキドキすることが大切です。女性らしい気持ちを持つことが、女性ホルモンアップに繋がります。

適度な運動をする

eg3
出典:weheartit.com

週に1~2回は軽い運動を取り入れましょう。エストロゲンの減少は健康状態と深くかかわっているものです。運動をしている人は更年期障害にもなりにくいんだとか。

エストロゲンに良い食材を取り入れる

eg4
出典:weheartit.com

エストロゲンを増やす食材としては、大豆製品、ごま、黒豆、ザクロ、卵などが有名です。バランスを考え、日々取り入れるようにしてみて!

ストレスを貯めない

eg5
出典:weheartit.com

疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると、自律神経のバランスが崩れることで、エストロゲンの減少に繋がります。無理をしすぎず、自分に合ったストレス解消を見つけるようにしましょう。体を崩して後から後悔しても遅いのです。

今からエストロゲンを味方に!

いくつになっても美しい人は、女性ホルモンがしっかりと分泌されている人です。中でもエストロゲンはとても大切な要素なので、減少しないような生活を今から心掛けてみてください。もちろん将来だけでなく、今美しくいるためにもかかせないことです♪


この記事を書いた人

nanacyu

nanacyu

都内PR代理店、美容クリニック広報を経験。現在は駐在妻として海外で暮らす。国内外の美容、トレンド情報を中心にさまざまな媒体で記事を執筆中。現在ヨガインストラクター(RYT200)としても活動。