「ユニークすぎるご当地バーガー」旅行に行ったら絶対食べよう

最近話題のご当地グルメ。
昔からある伝統的なものから、最近開発された斬新なものまで、そのメニューはバラエティーに富んでいますよね。 ご当地グルメはその土地の名産品を使っているので、旅の思い出にぴったりです。 今回は、そんなご当地グルメから、気軽に食べられるユニークなご当地バーガーをご紹介!

讃岐うどんがバーガーに!

sanukiburger_kagawa_p_1
(出典:http://gurutabi.gnavi.co.jp/

うどん県でもある香川県で食べられるのが、讃岐うどんが具になっちゃった「讃岐うどんバーガー」! うどんとバンズ?と思うかもしれませんが、うどんはかき揚げのように揚げてあるので案外違和感がなく美味しいのだとか。 醤油ベースの和風味で、半熟玉子もサンドされています。 津田の松原サービスエリアで土日祝限定で販売されています。

ひつまぶし風ライスバーガー

oumimaiburgerchazukeunagi_shiga_p_1
(出典:http://gurutabi.gnavi.co.jp/

滋賀のご当地バーガーは、うなぎを使ったライスバーガー「近江米バーガー茶漬け」。 うなぎとキンピラが具となっており、ライス部分ではおこげの香ばしい香りが楽しめます。 このバーガーは普通に食べるだけでなく、お出汁を加えて食べることもできるひつまぶし風の楽しみ方もあります。 鰻彩堂と道の駅あいの土山で食べられ、お土産用もあるそうです。

竹炭パウダー入りの真っ黒いパン!

kokutanbagar_kyoto_p_1
(出典:http://gurutabi.gnavi.co.jp/

バンズは竹炭パウダーが入った米粉を使用しており、真っ黒な色が斬新な「黒丹バーガー」。 もちもちした食感が特徴です。 具はタルタルソースベースのサワラフライとたっぷり野菜。 ボリューム感バッチリですね。 道の駅 丹後あじわいの郷で販売中。


インパクトのあるバーガーを集めてみました。 他にも地元食材を使ったバーガーはたくさんあるので、旅に出たら探してみてくださいね!

この記事を書いた人

ayunesayunes

ayunes

毎年北海道へスキーに行っています。 猫と温泉が好き。 美容は健康という土台があってこそ!というのがポリシーなので、表面的な美容より体の内側からの美容に興味があります。 冷え性に加え低血圧&貧血気味なので、こうした症状を緩和できる情報も発信していきます。