毎日30秒!石原さとみのようなパッチリ二重に誰でもなれる習慣

二重のりや二重ファイザーなど、最近は誰もが二重になれるアイテムが出回っています。けれども毎日これらを使うには、時間もお金も負担がかかりますね。
「勝手に二重になってくれたらいいのに…」と感じている皆さんに、一重だった私が実践して『本当に二重になった30秒メソッド』をお伝えします!

1.二重にする線を決める

二重にしたいと思う線をまぶたから見つけます。あまりおおきく二重を取ると、跡が定着しずらくなるので、欲張らずに跡が付きそうなところを探しましょう。

shutterstock_299645462

2.線を爪で軽くなぞる

1で決めた線を爪で何度もなぞります。やりすぎていけないことはありません。最低でも10回はなぞりましょう。ただし、まぶたはデリケートなパーツでもあるので、赤くなるまで行なうのはNG。あくまでも優しく!がポイントです。

3.上をにらむ

2で跡をつけた線が残るように上を向きます。つまり上を向いたときが二重になっている状態です。ならない人は、爪を跡に食い込ませて上を向きましょう。そして、このまま10秒キープします。

4.上をにらんだまま瞬きをする

次に、3の状態から瞬きを10回します。瞬きをすることで、二重線が記憶され定着しやすくなります。このときも上を向くときはしっかり跡がつようにく意識してください。

shutterstock_73009714


いかがでしたか?人によって二重になるまで時間差はありますが、筆者はこのメソッドを朝と夜、そしてトイレに入った時などのちょっとした時間に続けた結果、3ヵ月程で二重のりとさよならできました!継続するのは大変ですが、パッチリ二重になれると信じてぜひ習慣化してみましょう。

45242c4649bbd3a7a84b326aceb98ab7
出典:pinterest

因みにこのトレーニング、ぱっちり二重のみならず、石原さとみさんのような目力もゲットできちゃいますよ♪





この記事を書いた人

若竹瑛佳

岩竹あいか

可愛いもの美味しいモノ特に美味しいモノには目がない、食べることが心から好きな大学4年生です。 体型は決して良くないから、可愛くなるための情報収集や実践は欠かしません(笑)じぶんが実践してみて良かったと思うこと、どんどん紹介できたらいいなと思います(*´ω`)ぜひご閲覧くださいませ♪
もっと詳しく見る