美しい目ヂカラを手に入れる♡左右非対称の目を改善するマッサージ!

「左右の目の大きさ」の違いを気にしている方はたくさんいます。そもそも人間の顔は左右対称にはできていません。微妙に顎の大きさや目の大きさ、眉毛の形etc…違いがあります。そして、日常の生活の中でも左右の目の大きさを変化させている行動があるのです。

スマホやパソコンなど目の酷使は要注意!

スマートフォンやパソコンは仕事やプライベートなどでも頻繁に使っていると思います。
これらの画面を見ている時、ほとんどの場合利き目を使っています。利き目側の目を動かす筋肉は頻繁に使われるため、おでこや頭のてっぺんの筋肉まで緊張し張りつめていきます。目を動かす際も、人それぞれクセがあるためまんべんなく目の筋肉を使えているわけではないのです。

bd72e573dea4a34c92ea65d282a67e4a
出典:pinterest.com

また、1か所の筋肉ばかりを使っていることも多々あります。するとその筋肉だけが緊張し、収縮状態となり利き目が上がってしまい目つきがきつくなってしまうのです。対して、利き目ではない反対の目は、利き目ほどに動かすことがないため、目の周囲の筋肉が固まってきます。表情筋は使っていないと老化が早まるといわれます。シワができたり、目の下にくぼみができたり、老けた顔に見えてしまうのです。そうなってしまう前に、しっかりケアしたいものですね。

今の自分の顔は左右対称?セルフチェックとマッサージ法

顔にはたくさんの表情筋があり、それぞれ緊張している部位も違います。凝っている筋肉を緩めてあげることと、使う頻度が少なくて固まっている筋肉のそれぞれをほぐしていくことで左右対称に近づいていきます。基本的に、利き目側の目が上がり、大きくなっていることが多いです。

【簡単♪セルフマッサージ法】
利き目側
眉毛から1cmほど上の部分を人差し指、中指、薬指をあてて心地よい圧で押しましょう。そのまま少しずつ上に指をずらして頭のてっぺんまで押していき筋肉を緩めていきます。

利き目と反対の目
こめかみや目尻部分を優しくマッサージします。(目の下への強い圧はシミの原因となるので注意しましょう)


01597d43cadc028d24c532a6c21b83b3
出典:pinterest.com

表情筋が動かないと、表情が乏しくなるため、それだけで疲れた顔に見えてしまいます。目の大きさが均等になるだけなく、顔全体のくすみもなくなり、スッキリしますよ。
健康的で美しい方は、目ヂカラが強くイキイキしています。疲れを取って印象的な目を目指しましょう♡ぜひ試してみてくださいね!


この記事を書いた人

miki fujimura

miki fujimura

渋谷区代々木にある、女性のボディケアサロンvivace(ヴィヴァーチェ)の代表兼セラピスト。体のケアを通して、女性が健康で自分らしく「生き生きとした」ライフスタイルを送れるお手伝いをしている。サロンワークのほか、「健康な体が美しさを作る」をテーマに健康や美容などのセミナーを開催。また整体やアロマテラピーなどのセラピストの技術指導なども行っている。1男2女の母。
・vivace~ヴィヴァーチェ~ブログ
・vivace~ヴィヴァーチェ~公式Facebook